製薬業界NPS®調査レポート2021 | 株式会社エモーションテック

COLUMN

コラム・資料

2024.05.21

ダウンロード資料あり

SHARE

製薬業界NPS®調査レポート2021

NPS調査の概要

  • 調査対象者:医師専⽤コミュニティサイトMedPeerに会員登録をする医師の中で、処方による治療を行っている医師
  • 実査期間:2021年7月19日~2021年7月26日
  • 調査方法:Webアンケート
  • 回答数:3,510件

業界全体NPSは大きく変動せず。領域ごとには大きく変動

調査の結果、2020年7月に実施した調査と比べ、製薬企業全体としてのNPSは大きな変化が見られないものの、科目・疾患領域ごとのランキングは大きく変動しました。
ランキング上位企業や大きく改善した企業では、当該領域で注目度の高い新薬が直近1~3年で上市されているケースが多いようです。
新薬の存在ゆえに情報提供活動もスムーズ・活発になり、結果的にNPSも改善するという好循環が生まれていると考えられます。
2021年のNPSは昨年と大きく変わらず

より鮮明になるチャネル志向性。一方で若手医師は使い分け

今回の調査では、医師が重要視するアクションから、MRからの情報を重視する「MRの情報重視派」、医療情報メディアや講演会での情報取得を重視する「医療情報メディア・講演会の情報重視派」、どちらも重視する「両方重視派」と、少数ではあるが企業HPやMRからのメールやメルマガを重視する「企業HP・メール等重視派」に大別できることがわかりました。
医師が重視する製薬企業・MRからのチャネル

この重視タイプは実際の行動パターンに大きな影響を与えており、MRの情報重視派はオウンドサイトやWeb講演会の利用頻度が少なく、医療情報メディア派はMR訪問をほとんど受け付けていないことがわかりました。
一方で、様々なチャネルを使い分けている両方重視派は、特に30代以下に多いようです。

調査結果の詳細

製薬企業の疾患領域別NPSランキングや、医師のチャネル志向性に関する詳細な分析は以下のホワイトペーパーより詳しくご確認いただけます。資料をダウンロードしてご覧ください。
※ダウンロードにあたっては下部に記載の株式会社エモーションテックおよびメドピア株式会社の「個人情報の取り扱い」にご同意の上、「送信」ボタンを押下してください

※メドピア株式会社個人情報取扱規約はこちらからご確認ください

※株式会社エモーションテック個人情報取扱規約はこちらからご確認ください

執筆者
Avatar photo
エモーションテック 編集部

エモーションテックコラムでは、NPS活用やCX向上のためのお役立ち情報を発信しています。

SHARE

テレワーク時における 従業員エンゲージメント調査 情報・通信業の国内株式投資における個人投資家ロイヤルティ調査レポート2022