<法人顧客>銀行NPS®︎調査レポート2023 | 株式会社エモーションテック

COLUMN

コラム・資料

2024.05.22

Thu

ダウンロード資料あり

SHARE

<法人顧客>銀行NPS®︎調査レポート2023

 

調査概要

各行をメインバンク※1として利用する企業を対象にインターネット調査を実施しました。1,833件の回答を取得し、集計・分析を行いました。
(※1)企業が主に取引している銀行

  • 調査対象企業:三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、その他
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象者:調査対象銀行をメインバンクにしている利用者
  • 調査期間:2023年9月25日~2023年9月28日
  • 回答数:1,833件(有効回答数)

第1位は三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行が-38.3で1位となりました。
次いで2位に三井住友銀行(-39.4)、3位にみずほ銀行(-54.4)がランクイン。

推奨度が上がると「継続取引意向」と「相談意向」の向上に繋がる

今回の調査では、「継続取引意向」(今後も取引を継続したいか)と「相談意向」(今後の展望や戦略について相談したいと思うか)を収益指標として定義し、推奨度との関連性を調査しました。その結果、「継続取引意向」では80%以上の推奨者が「とてもそう思う」と回答し、「相談意向」では70%以上の推奨者が「とてもそう思う」「そう思う」と回答しました。

重要な顧客体験は「問い合わせ・アフターサービス」、特に「問い合わせのしやすさ」が重要な要因に

今回の調査では、「問い合わせ、アフターサービス」が重要な顧客体験として明らかとなりました。

また、この重要な顧客体験に最も影響を与えている要因は、「問い合わせのしやすさ」でした。

「事業計画の策定」と「人材の採用」は銀行としてアプローチできていない可能性

今回の調査では、決裁権をもっている方を対象に「外部支援の必要を感じる課題」について調査しました。その結果、決裁権者が抱える課題として、「財務内容の改善」「事業計画の策定」「事業承継」「取引先・販売先の紹介」「人材の採用」が上位5つに挙げられました。特に、「事業計画の策定」「人材の採用」は、決裁権者が課題を感じている一方で、銀行に対する期待は低く、銀行としてアプローチしきれていない可能性が示唆されました。

 

資料のダウンロード

本調査の詳細は、ホワイトペーパー「<法人顧客>銀行NPS®︎調査レポート2023」をダウンロードの上、ご覧ください。
※ダウンロードにあたっては下部に記載の株式会社エモーションテックの「個人情報の取り扱い」にご同意の上、「送信」ボタンを押下してください

※株式会社エモーションテック個人情報取扱規約はこちらからご確認ください

執筆者
Avatar photo
エモーションテック 編集部

エモーションテックコラムでは、NPS活用やCX向上のためのお役立ち情報を発信しています。

SHARE

<個人顧客>銀行NPS®︎調査レポート2023 製薬業界NPS®調査レポート2023