VC4社を引受先として2.3億円の第三者割当増資を実施 | 株式会社エモーションテック

NEWS

ニュース

2015.01.27

SHARE

VC4社を引受先として2.3億円の第三者割当増資を実施

社外取締役に堤達生氏、監査役に東出浩教氏を迎え経営基盤を強化

株式会社 wizpra(ウィズプラ)(本社:東京都新宿区、代表取締役:今西良光)は、総額2.3億円の第三者割当増資を実施いたします。今回の資金調達は、当社既存株主のグリーベンチャーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:天野雄介)、新規株主となるモバイル・インターネットキャピタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:勝又幹英)、SMBC ベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋達史)、みずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川端雅一)の計4社を引受先としております。

これにあわせてグリーベンチャーズ株式会社パートナーの堤達生氏を社外取締役、早稲田大学大学院教授の東出浩教氏を監査役に迎え経営基盤を強化致します。

資金調達の目的について

当社は顧客体験マネジメントサービス「wizpra NPS」と従業員体験マネジメントサービス「wizpra card」の開発・提供を行っております。

昨年 8 月に正式サービス提供を開始した「wizpra NPS」はおかげ様で提供開始後約半年で 1,000 以上の店舗/拠点で採用され導入企業様からの支持を得始めております。今回の資金調達により、プロダクトの強化(主に機械学習やデータビジュアライゼーション領域の強化)と、組織強化に投資を行い、サービスの価値向上に努めて参ります。

また、近年国内でも盛り上がりを見せている顧客体験マネジメント(CEM:Customer Experience Management)市場の活性化にも積極的に取り組んで参ります。

執筆者
Avatar photo
エモーションテック 編集部

エモーションテックコラムでは、NPS活用やCX向上のためのお役立ち情報を発信しています。

SHARE

wizpra と東京ヴェルディ顧客体験マネジメントサービス「wizpra NPS®」を活用した顧客ロイヤルティ向上取り組みを実施 肉フェスでwizpra NPS®の導入。肉フェス来場者約100万人を対象にNPS®調査を実施