テキストマイニングとは?生成AIによる進化についても解説 | 株式会社エモーションテック

COLUMN

コラム・資料

2024.05.24

Tue

SHARE

テキストマイニングとは?生成AIによる進化についても解説

テキストマイニングとは、大量のテキストデータから情報を抽出し分析する方法です。
本記事ではテキストマイニングの意味や活用方法、そして生成AIによってテキスト分析がどのように進化しているのかについて解説します。

テキストマイニングに代わる生成AIを活用したテキスト分析サービスの資料を見る

テキストマイニングとは?

テキストマイニングとは、大量のテキストデータから有益な情報を抽出し、分析するプロセスのことを表します。マイニングとは英語で採掘を意味する言葉であり、大量のテキストの中から有益な情報を抽出すること意味します。テキストマイニングは、アンケートのフリーコメントなどの非構造化データを扱う際に特に有効で、データの傾向やパターンを明らかにすることができます。

テキストマイニングのAIによる進化

近年AI技術の進歩により、テキストマイニングはより高度かつ効率的な分析が可能になってきています。自然言語処理(NLP)を用いて、テキストの意味を理解し、感情分析やトピック分類を自動で行うことができるようになっています。

テキストマイニングの手順・プロセス

テキストマイニングのプロセスは、大きく分けてデータ収集、前処理、特徴抽出、分析、可視化と解釈の5つのステップに分けることができます。

データ収集:分析対象となるテキストデータを集めます
前処理:トークン化やストップワードの除去などを行い、データをクリーニングします。
特徴抽出:TF-IDFやトピックモデリングを用いてテキストから特徴を抽出します。
分析:抽出した特徴を基にパターンを認識します。
可視化と解釈:分析結果をわかりやすく表現し、意味を解釈します。

テキストマイニングの実践事例

顧客アンケートや顧客フィードバックの分析

顧客アンケートにおけるフリーコメントなどのVOC(Voice Of Customer)は、製品やサービスに対する直接的な意見が含まれており、これらのテキストデータから顧客の満足度や不満点を把握することができます。また、特定の製品やサービスに対するコメントを抽出することや、顧客セグメント別にコメントを抽出することでニーズや好みを理解することができます。これにより、製品改善の方向性を定めたり、顧客サービスを向上させたりするためのヒントを得ることもできます。

またNPSや満足度などのスコアと掛け合わせて分析を行うことで、ロイヤルティの高いユーザーと低いユーザーでどのようなキーワードの違いが見られるかなどを確認することができます。

関連記事:
NPS®とは?顧客満足度との違い・質問方法・事例まで詳しく解説!

VOC分析とは?(Voice Of Customer)の重要性と効果的な実施方法

ソーシャルメディアのトレンド分析

ソーシャルメディア上での投稿や会話には、市場のトレンドや消費者の関心事が反映されています。トピックモデリングやトレンド分析を用いて、これらのデータから現在のホットトピックや注目されている製品を特定することができます。このようなテキストマイニングを通じて、キャンペーンのタイミングを決定したり、ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツを作成したりすることができます。

キャンペーンの効果測定

またマーケティングキャンペーン後の顧客の反応をテキストマイニングで分析することで、キャンペーンの影響を測定することも可能です。例えば、キャンペーンに関連するキーワードやハッシュタグの数を測定したり、感情分析を行うことで、キャンペーンがポジティブな反応を得ているかどうかを判断することができます。

テキストマイニングの代表例

頻出語分析

頻出語の分析は、テキストデータ内で最も頻繁に出現する単語やフレーズを特定するプロセスです。頻出語分析を通じて、テキストの主要なテーマや話題を把握することができます。例えば、顧客のコメントやレビューを分析する際に、特定の製品特性に関連する単語が頻繁に出現する場合、それが顧客にとって重要なポイントであることを示しています。
なお頻出語分析は、テキストの前処理を行うことでより分析の精度を高めることができます。

頻出語分析

共起ネットワーク

共起ネットワークは、テキスト内で一緒に出現する単語の関係性を視覚化する手法です。単語が文書内や特定の文脈内でどのように関連しているかを分析し、その結果をネットワーク図で表します。ノード(点)は単語を表し、エッジ(線)は単語間の共起関係を示します。
共起ネットワークの分析を通じて、テキストデータ内の隠れた関係性や構造を明らかにし、わかりやすく可視化することができます。一見関係性が見出しにくいたくさんのコメントの中からも、どういった単語が関連して扱われているか、どの程度扱われているかを簡単に理解することができます。

共起ネットワーク

ワードクラウド

ワードクラウドは、テキストデータ内の単語の出現頻度を視覚的に表現するツールです。テキスト内でよく使われる単語ほど大きく目立つように表示し、一目で大量のテキストの中で何が最も主なテーマやキーワードであるかを把握することができます。
ワードクラウドは、テキストマイニングの中でも特にわかりやすく一般的なツールで、データの初期分析やプレゼンテーションにおいて、わかりやすく有効な手段です。

ワードクラウド

関連記事:ワードクラウドとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

テキストマイニングの限界

テキストマイニングは強力な分析ツールですが、いくつかの限界もあります。できることとできないことを正しく理解し、テキストマイニングの結果を適切に解釈することも必要です。

文脈の理解が十分にできない

テキストマイニングでは、文脈を完全には理解することは難しい可能性があります。特に二つの意味に捉えられる言葉は、皮肉やジョーク、比喩、など人間の言語に含まれる複雑なコンテクストや要素を正確に解釈するのは難しいと言えます。

データの品質

テキストマイニングの結果は、分析対象となるテキストデータの品質によって大きく左右されます。誤字脱字や文法的な誤りなどが含まれていると、分析の精度が低下する可能性があります。アンケートなどのフリーコメントやSNSにおける投稿では誤字脱字や省略した表現も多く含まれるため分析結果が十分満足いかないものになる可能性があります。

生成AIの登場によるテキスト分析の進化

近年はChatGPTに代表されるような生成AI(ジェネレーティブAI)の登場によりテキスト分析にも新たな可能性がもたらされています。

高度なテキスト文脈の理解

生成AIは、文脈を理解し、複雑な言語モデルを用いてテキストを解釈する能力を持っています。これにより、テキストマイニングでは難しかった皮肉や比喩、複数の意味を持つ単語なども、より正確に分析することができるようになります。テキストマイニングでは単語ベースでの分析に留まっていましたが、生成AIを活用することで単語を超えた文脈ベースで分析することが可能になります。

より精密な感情分析

同様にテキスト内の感情や意図をより深く理解することも可能になります。これにより、感情分析の精度が向上し、ユーザーの意見やコメントにおける感情の微妙なニュアンスを捉えることができるようになります。

多言語対応の強化

生成AIは、多言語に対応する能力を持っており、異なる言語間でのテキストの翻訳や分析を容易にします。これにより、言語の壁を越えたグローバルなテキスト分析が実現できるようになります。

生成AIを活用した新世代のテキスト分析「TopicScan」

TopicScanは、生成AIを活用した “人が読み込むような分析アプローチ” により、文脈や感情を活かしたテキスト分析が可能です。「どんなトピックが」「どの程度ポジティブ/ネガティブに語られているか」を定量化・可視化することで、定性的で複雑なテキストデータもすぐに “意思決定に活用しやすいデータ” になります。

専門知識や事前準備は必要なく手元のテキストデータさえあれば、誰でもすぐに深い分析を行うことができます。

執筆者
Avatar photo
エモーションテック 編集部

エモーションテックコラムでは、NPS活用やCX向上のためのお役立ち情報を発信しています。

SHARE

イベントレポート:『CXの立役者たち』(ゴンチャ ジャパン編) ワードクラウドとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説